2012年02月20日

昔ながらのこだわり!つと納豆!

こんにちはわーい(嬉しい顔)

スタッフMKでするんるん春の日差しが感じられるようになってきましたが、まだまだ毎日、寒いですね〜雪

今日は、津山納豆製造所さんの「つと納豆」をご紹介しまするんるん

今ではとても珍しい、藁つとに入った納豆です晴れ
DSCF5052.JPG

2本パックになって販売されていますわーい(嬉しい顔)

藁の中は、↓このようにぎっしりと納豆が詰まっていますexclamation×2
DSCF5055.JPG

中身を茶碗に移して、付属のたれを混ぜてごはんと一緒に頂きましたレストラン
納豆の粒の一つ一つがしっかりとしていて、弾力のある納豆でしたよわーい(嬉しい顔)るんるん
通常市販されている納豆よりもややボリュームがあり、
食べごたえも抜群で、体にもよさそうるんるん
毎日の健康づくりにいかがですかexclamation&questionわーい(嬉しい顔)


仙台の登米市物産直売所でも取り扱っておりますexclamation
仙台市青葉区堤町1-5-26
022-718-6520(FAXも同じ)
営業時間 午前10:00〜午後6:00 定休日 日曜日

お問い合わせ先は
津山納豆製造所〒986-0401
宮城県登米市津山町柳津本町207
TEL.0225-68-3157
FAX.0225-68-3157
タグ:つと納豆
posted by 登米市観光物産協会 at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメレポート

2012年02月07日

本格派!薫り高き 赤豚カレー!

こんにちは!スタッフMKですわーい(嬉しい顔)

少し寒さが緩んでホッとしたのもつかの間、
また寒気がやってくるとか…たらーっ(汗)

まだまだ寒さが続きそうなので、体を冷やさぬように暖かくして過ごしたいですね猫


今日は、(有)伊豆沼農産の、赤豚カレーをご紹介しますexclamation×2

赤豚とは、登米市を代表するブランド豚で、
ピンク色をした柔らかな肉質が自慢で、ジューシーでとってもおいしいお肉ですexclamationぴかぴか(新しい)わーい(嬉しい顔)

その赤豚を、ぜいたくに使った、
キーマ風のレトルトカレーがこちらですexclamation×2

パッケージには「赤豚」の文字が堂々と入っていますぴかぴか(新しい)

DSCF5009.JPG

お湯でアツアツに温めて、ホカホカのごはんの上にかけると…exclamation

DSCF5010.JPG

スパイシーな香りが広がり、一口食べれば、その独特のピリ辛なスパイスの風味と、
挽肉状になってたっぷり入っている赤豚のお肉がたまりませんexclamation×2わーい(嬉しい顔)手(チョキ)

スパイスがふんだんに使われており、大人向けな辛さなので、
まるでインド料理店で出てくるカレーのようです。
ご飯とも相性抜群ですが、ナンと一緒に食べるのもいいと思いますよるんるん

ご家庭に居ながら、本格派の「オトナ」カレーが楽しめますexclamation×2

ぜひ、皆様、お試しくださいね黒ハートわーい(嬉しい顔)


赤豚カレーは、
(有)伊豆沼農産WEBショップのほか、
登米町「遠山之里」
登米市登米町寺池桜小路2-1
電話番号 0220-52-5566
営業時間 午前9:00〜午後5:00 休業日 元旦のみ

仙台市「登米市物産直売所」
仙台市青葉区堤町1-5-26
022-718-6520(FAXも同じ)
営業時間 午前10:00〜午後6:00 定休日 日曜日
でも取り扱っておりますexclamation

posted by 登米市観光物産協会 at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメレポート

2012年02月01日

節分と言えば・・・?

みなさんこんにちはSです。わーい(嬉しい顔)
今日の宮城県登米市は雲がありますが、きれいな青空が広がっています。晴れ
寒い日が続いていますがあさっては『節分』、暦の上では春が近づいてきています。
今日はそんな節分にぴったりの商品のご紹介。手(グー)

まめ


仙台市青葉区堤町にあります『登米市物産直売所』では大豆や炒り豆などの商品も取り扱っています。
ちなみにS家ではわたしが鬼役で子どもたちに豆をぶっつけられ放題な事間違いなしです爆弾

家仙台市青葉区堤町1-5-26
電話022-718-6520(FAXも同じ)
営業時間 午前10:00〜午後6:00 定休日 日曜日
posted by 登米市観光物産協会 at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 直売所情報